つかこうへい没後10年にむけて
つかこうへいは、1970年代に突如現れ演劇界に一大旋風を巻き起こした「偉人」である。1974年『熱海殺人事件』で岸田戯曲賞受賞、1982年『蒲田行進曲』で直木賞受賞、同作の映画化で 1982年第6回日本アカデミー賞を総なめにし、1990年『飛龍伝 90』で読売文学賞受賞、演劇界に「つかこうへい」という金字塔を打ち立てた。在日という立場から「つかこうへい」というペンネームを名乗り、日本に生まれ日本に生き、日本の文学者として闘い、そして 2010年、62歳の若さで天に召された。
あれから10年の時が流れた。
没後 10年にあたる2020年、つかこうへいを検証してみたい。演劇という名のもとに日本の明日を夢見て、日本の未来を信じて、日本と闘った哲学者の作品を日本に蘇らせることが、今を生きる若者に新たな「希望」を見せてくれると信じている。
「つかこうへい」という祈りにも似た言葉は、成就しただろうか?つかこうへいの夢見た日本に変わっただろうか?むしろ世の中の貧富の差は広がり、格差社会という言葉までが生まれた。みせかけの景気の良さの陰で、若者は未来の見えない日本の貧しさに苦しんでいる。
2020年1月末から新国立劇場 中劇場『飛龍伝 2020』、3月半ばから新宿・紀伊國屋ホール『熱海殺人事件 ザ・ロンゲストスプリング、モンテカルロイリュージョン』、そして命日にあたる7月、新宿・紀伊國屋ホール『蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く』を連続上演する。
2020年、オリンピックに湧き上がる日本に、このままでいいのか?この見せかけの繁栄を、口を開けて見ているだけでいいのか?
「つかこうへい」が日本に喝を入れてくれるだろう……。
つかこうへい演劇祭第二弾「熱海殺人事件」
1973年に文学座に書き下ろされ発表された「熱海殺人事件」は、つかこうへいの代表作である。最年少で岸田戯曲賞を受賞し、紀伊國屋ホールを拠点に、つかこうへい事務所の春の名物となった。何度も再演を重ね、東京の春の風物詩とも呼ばれた「熱海殺人事件」が今年も生まれ変わる!!
紀伊國屋ホールでの「熱海殺人事件」だけは、つかこうへい自身の手によって上演され、「ザ・ロンゲストスプリング」「モンテカルロ・イリュージョン」などと変化し、つかこうへい亡き後も、岡村俊一氏の手によって、その遺志が受け継がれてきた。
そして、47年目となる2020年。令和初の「熱海殺人事件」が、幕を開ける!
令和初となる「熱海殺人事件」は豪華2本立て!
「熱海殺人事件」の決定版として有名な「ザ・ロンゲストスプリング」で、木村伝兵衛部長刑事を演じるのは、つか作品では、2016年に「新・幕末純情伝」で勝海舟を好演するなど、実力派として数々の舞台に出演し、近年ではドラマ・映画での目覚ましい活躍も記憶に新しい、期待の俳優、荒井敦史。捨て身の潜入捜査を行う水野朋子婦人警官には、2014年『仮面ライダードライブ』の敵幹部役メディック役でテレビドラマ初出演を果たし、魅力的な女優として活躍中の馬場ふみか。容疑者大山金太郎は、舞台『弱虫ペダル』や舞台『刀剣乱舞』などの話題の舞台で活躍目覚ましい玉城裕規が務める。富山から来た田舎の刑事熊田留吉には、ミュージカル『刀剣乱舞』で人気を博し、テレビドラマで活躍を続ける佐伯大地が挑む。
「熱海殺人事件」の数あるバージョンの中でも異端。かつて阿部寛が演じ強烈な印象を残した「モンテカルロ・イリュージョン」で、木村伝兵衛部長刑事を演じるのは、2017年に上演された「熱海殺人事件 NEW GENERATION」では熊田留吉役を演じ、ストレートからミュージカル、2.5次元やダンス公演など、あらゆるフィールドでその魅力を遺憾なく発揮する注目の俳優、多和田任益。木村伝兵衛部長刑事のパートナーの婦人警官水野朋子に、2019年にHKT48を卒業し、女優として活動を始めた兒玉遥。容疑者大山金太郎に、舞台『弱虫ペダル』でブレイクし、小劇場界からテレビドラマ界まで様々なシーンで活躍目覚ましい鳥越裕貴が務める。山形から来た田舎刑事速水健作に、劇団番町ボーイズ☆のメンバーで、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!』をはじめ2.5次元舞台でも活動の幅を広げている、菊池修司が挑む。
そして、演出は小劇場界の風雲児として頭角を表し、今や商業演劇を主戦場に、ストレートプレイから2.5次元ミュージカルなど、次代の演劇界の一角を担う存在となった、中屋敷法仁 が「熱海殺人事件」を「改竄・熱海殺人事件」とし、伝統ある枠組みに挑みます!
昭和、平成、そして令和も「熱海殺人事件」は、生き続ける。